ミニマリスト思考

オーストラリアの都市パースでのミニマル日記

こんにちは。ミニマリスト・コピーライターのゆきたかです。

最近はじめた電動歯ブラシのサブスクにハマっています。

さて、以前「海外って、ミニマリストのスタートにいいかも」的な記事を書きました。

ミニマリストになりたい人は、ベトナムに行け!

僕は、オーストラリアのパースという街に1年ほど住んでいたことがあります。

第4都市で西側にあるので、景観は全然違いますが、日本でいう博多?

写真は街中ですが、美しい街並みで有名な街です。

その時、僕自身はマキシマリストだったのですが、それでも結構ミニマルライフでした。

振り返ります。

時期的にいま、海外に行くというのは難しいタイミングではありますが..。

海外の生活がとてもミニマリストになる理由

  • オーストラリアの部屋は基本家具備え付け
  • 荷物を0からスタートできる

まとめると「ホテル暮らしに近い物の量で過ごせる」というところ。

オーストラリアは家賃が高いので、基本フラットと呼ばれるシェアハウスになります。

個室に、共用キッチン、トイレ、シャワー、ランドリーといったところです。

また、個室にはベッド、デスクなど最低限の生活家具は揃っています。

しかも、ちょっとズルな感じはしますが、荷物を0からスタートできるわけです。

(日本に置いてきた部屋が汚部屋なら、ミニマリストと言えるかわかりませんが汗)

ほとんど、自分の荷物は必要ありません。

オーストラリアに限らず、ベトナム、アメリカなど滞在歴のある国は大体、家具備え付けでした。

また、こちらの記事はベトナムなので、さらに物価が安いという、住みやすさもあります。

ミニマリストになりたい人は、ベトナムに行け!

ま、あとは長く住むわけじゃないとわかっているから、部屋に物を増やさなくなります。

(移住するつもりなら気分も変わるかも?)

海外ミニマリストとして過ごした持ち物一覧

  • 旅行に必要なもの一式
  • 枕、シーツ、掛け布団
  • キッチンウェア
  • 大学関連の書類

そういうわけで、一人暮らしにしては、持ち物は非常に少なく済みます。

海外旅行に持って行くようなもの一式が基本。

ベッドマットレスとパッドはありますが、シーツと布団は自分で買う必要あります。

(物件によるのですかね?)

キッチンはありますが、調理器具、食器は自前です。

料理は基本自炊をします。

  • 外食が高い
  • スーパーの食材が日本より安い

のが理由です。

安い食材で作れるラタトゥイユをよく作っていました。

あとは自分の場合、大学留学だったので多少の書類。

それが基本の荷物全部です。

車について

さらに僕は車を持っていました。

当時マキシマリストでしたので…。

でも、今でもパースでは車あった方が可能性は広がるとは思います。

  • 車両本体、維持費が日本より安い
  • 日本より手続き簡単で、個人間売買も盛ん
  • 公共交通の不便な家賃の安いところに住みやすい
  • なにより、車社会なので移動が楽

という諸々の理由で、AU$2000(日本円で15万円ほど)でHONDAのSUVを買いました。

個人間売買が盛んで、車版メルカリみたいなwebサイトを通して、オーナーとコンタクトをとりました。

多分インド系のオーストラリア人?と値段交渉して、2,500→2,000にしてもらいました。

走行距離25万kmなので、日本の感覚でいうとすごい車ですが、十分です。

一時的な使用ですし、車検もないので、ボロボロでしたがいいかなと。

最初、公共交通の便利な学生寮住んでいたのですが、週200ドルとお高めだったので、引っ越しました。

(一般のアパートより、学生寮の方が高いという不思議な感じでした)

車じゃないと厳しい場所でしたが、そのぶん家賃も安くなり、結果、車代もトントンです。

海外のミニマルなある1日(平日)

8:30 起床、朝食(コーンフレーク、ヨーグルト)

9:30- 大学、勉強

ランチタイム 手作り激安サンドイッチ または 学生寮なので一度戻って飯

-17:30 大学、勉強

-19:00 家事、生活品買い出しなど

ディナー 基本自炊 たまに友人とご飯行ったり

-25:00 勉強、自由時間、シャワーなど、就寝

こうして見ると、つまんなそうですね笑

でも、もともと僕は疲れやすいし、海外ってだけで疲れるので十分です笑

海外の授業だと課外授業も多いので、そんなにこもっている感じもないですけどね。

めっちゃストイックに見えますが、そんな勉強もしてなかったですね。

買い物は、最初に必需品を買って以来、あとは食品・生活用品だけ。

衣類は、元々小柄でオーストラリアのものなんて合わないので、買いませんでした笑

海外のミニマルなある1日(休日)

9:30 起床、朝食(コーンフレーク、ヨーグルト)

10:30- 家事、たまに友人と出かけたり

17:30-24 バイト(日本食店)、そのあと飲みに行ったり、一人飲みも好き。

基本週末は、バイトしていました。

(学生VISAでも、週20時間までのバイトが許可されます)

時給も、日本よりは全然良かったですね。

元々インドアな性格なので、そんなには出かけないですが。

ちょっとした観光名所とか行きましたけど、土地柄自然がメインですね。

バイト後は、同僚と飲みに行くなら、行きます。

(バイト先は、福岡でいう博多のような場所)

でも、地ビールやスーパーの惣菜チーズが美味しくて、家に帰って一人飲みも好きでした。

 

こうやって見ると、日本にいるのとほとんど変わらない生活を送っていました。

物そんなに買わなかったのもそうですが、今より行動がミニマルでしたね笑

コロナが解決したら、皆さんも是非。

お読みいただきありがとうございます。

↓ブログランキング、クリックで応援いただけますと、たいへん励みになります!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

↓他の記事も是非!

>>>これから物を減らす、あなたに読んでほしい記事

最近ハマっている電動歯ブラシのサブスク>>

ミニマリスト実践法の記事はこちら>>

おすすめミニマリスト本の記事はこちら>>

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA