ミニマリストin実家

サウナを家のお風呂でミニマルに再現してみた

こんにちは。ミニマム志向型コピーライターのゆきたかです。

ミニマリストな趣味の一つに“サウナ”があります。

サウナという趣味は、

  • 疲労回復
  • モノがいらない(裸一貫)
  • 月3000円ほど(僕の場合、週一回、650円/回)

という健康&ミニマルの一石二鳥な、いい趣味。

金曜日の仕事終わりで地元のサウナに行くのが、人生唯一の楽しみです。

土日休みに入る前の多幸感は、ハンパないですよね。

しかし、コロナの緊急事態宣言で、サウナもしまっています。

(地元の温泉施設)

そこで、家でサウナを楽しめないかと。

ミニマルな方法で、家でサウナを再現してみました。

ポイントは、

  • 特別なものはいらない
  • お金もなるべくかからない

こと

前半:サウナのオススメの入り方

後半(目次3〜):家サウナのつくり方

お好きなところからご覧ください。



一般的にいいとされるサウナの入り方&手順

家サウナの前に、そもそも正しい入り方をご説明。

サウナー?に改めて周知する必要もないですが、一般的な入り方を。

日本サウナスパ協会によると、

1.シャワーを頭から浴び、全身をよく洗って、そのあとよく拭いてからサウナ室へ入ります。

(中略)

4.一般に入浴時間は、8分から12分程度が最適ですが、初心者や健康に自信がない人は、少し短くして、自分に合った入り方をしましょう。

5.サウナを出たら、足に水をかける、シャワーを浴びる、水風呂に入る、もしプールがあれば泳ぐのもよいでしょう。積極的な健康刺激を加えます。

(中略)

サウナに入り、汗が出たら外に出て、汗がひいたらまたサウナに入る、これを3~4回くり返して汗をたくさん出すのがコツです。

– 日本サウナスパ協会

というのが、一般的な手順。

非常にまとまってなく分かりにくいのですが、簡単に言うと

①8〜12分サウナ

②水風呂 または シャワーなど

↓ 

①へ戻り、3〜4周

③30分ほど休憩

ということ。

疲労回復目的なら、高温のサウナをお勧めしています。

座る位置としては、上の方が高温になります。

ぼくのサウナの入り方

遠いけど僕の行っているサウナ、湯快爽快くりひらです。

サウナは高温めです。(画像は公式ホームページより)

水風呂は普段17〜18度くらいです。(画像が普通じゃない)

露天風呂もあるので、水風呂後に屋外で休憩も可能です。

日本サウナスパ協会の理論では、サウナ→水風呂→サウナ…となっています。

しかし、「水風呂の後に、休憩を入れると良い」とよく聞きますね。

僕も、水風呂の後に休憩を入れて見たら、悪くなかったのでそうしています。

まとめるとこんな感じ。

①後部座席目でサウナ10〜15分

②水風呂2分ほど

③露天で休憩5分ほど

 

以上を3周。

これがスタンダードです。

もう1パターン、発汗が増えるパターン

①水風呂5分

②サウナ20分

 

これを3周ほど。

水風呂が長い分、サウナにも長めに入れるので、発汗量は増えます。

でも、体力まあまあ消耗します笑

体に良さそうなのは、スタンダードの方ですね。


家の浴槽で、オリジナルサウナをつくって楽しもう。

前置きが長くなりました。

それでは、自宅浴槽でのミニマリストなサウナです。

やり方から言うと、必要なものは“特になし”です。

めっちゃミニマル!

手順で言うと

①給湯器で、湯温を43度前後へ

②入浴時に風呂のフタを8割がた閉める(顔だけ浴槽から出る感じ)。5~10分入浴。

③冷水シャワーで水風呂がわりに

④ドアを開けて休憩5分ほど&水分補給

です。

カンタン!

流れも、普通のサウナとそんな変わんない(はず)!

ただし、前提として僕の家には

  • 温度調整できる給湯器
  • 湯船の蓋

があります。

どちらも、ファミリータイプの家であれば必需品です。

が、ワンルームの場合は、温度調整付きの給湯器はない場合も多いですよね。

そのときは、最初に湯温を激アツ(45~6度とか)に。

冷えたらお湯を継ぎ足すしかないですね。

ほとんど蓋してるので、湯温も落ちにくいと思いますが。

他の方法

サウナとは、つまりは“蒸気浴”なので、

  • 加湿器
  • ビニール傘

などを使って蒸気浴を作り出すという方法もあります。

ただ、衛生的にも、何よりミニマルでないので結果、僕の方法がオススメです。


自宅で自作サウナの結果

最後に自宅deサウナを試してみた感想を述べて終わります。

温は調整の必要あり

普段から週1でサウナに通っていてサウナ慣れはしています。

また、その施設では43度の湯にも入るので熱めの湯にも慣れています。

(普段自宅では家族が熱がりなので40度ほど)

しかし、この自宅サウナの湯温43度は割と熱いです。

もうちょっと長く入って顔に汗かきたい感じですね。

そこで、42度も試してみました。

すると、長く入れる分、発汗量は43度より多い

ただし、42は42でちょっと物足りない感じがしたので、難しい。

個人的には、水シャワーの時間を増やして43の方がいいかな。

ミニマルサウナでも顔中に汗かいた

とはいえ、43度でも長湯はできませんが、顔中にはしっかり汗かきました

それなりにデトックス感はありますね。

サウナほどではないかもですが。

追記:5月からは、39℃か40℃がおすすめ

緊急事態宣言が解除されはしたので、サウナは営業再開し始めると思います。

しかしながら、3密状態のサウナに近づきたくない人は、夏場も家サウナ。

5月6月7月あたりの夏場のオススメは、

39℃程度で、長めに1発入る

です。

往復しないぶん、湯温を落として一発で発汗し切りましょう。

5月は40℃にしていたので、6,7月は39℃くらいが僕はちょうどいいですかね。

結構汗かくので、入る前にしっかり水分補給しましょう!

効果は不明

気分てきには良かったです!

湯温とシャワーに温度差がある方が気持ちいい

と42と43を試して思ったので、やはり43度オススメ

(心臓が弱い人は要注意です)

が、サウナに比べて実際どのくらい効果的なのかは不明。

まあ、感覚的に良かったと思えるかが重要なので、結果良し!笑

というわけでございました。

特に、温度調整付きの給湯器ある家はカンタンに試せるので、是非やってみてください

お読みいただきありがとうございます。

↓ブログランキング、クリックで応援いただけますと、たいへん励みになります!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

↓他の記事も是非!

ミニマリスト実践法の記事はこちら>>

おすすめミニマリスト本の記事はこちら>>

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA