ミニマルにTOEIC満点

ミニマルにTOEIC満点を目指す日記!-3.教材選定-

ミニマルにTOEIC満点を目指す日記!の一覧はこちら>>>

「Aランク(TOEIC860)周辺の筆者が、ミニマルに(教材費・かける時間)990満点を目指す日記」です。

前回記事では最新過去問を解き、現在のスコアが850くらいであると分かりました。

スコアを細分化していくと

  • 文法語彙は点とれている。特別な勉強は必要ない。
  • リーディングは時間切れだったので、75分で100問を解けるように。
  • リスニングはほとんど穴がないので、模試慣れして取りこぼしを減らす。

ということがわかりました。

その結果をもとに、今回は教材選定をしていきたいと思います。

教材費を抑え、効率的に点が上がる教材のチョイスを。

(+ミニマルに、つまりテキストで部屋がいっぱいに、みたいな状態は避けたい)

ミニマルに満点を取るという目標の有無に関わらず、教材選定はとても重要ですね。

想定されるTOEIC教材の種類

方向性としては、

❶参考書(Kindle版あるもの)

❷オンライン教材

❸TOEIC講座(対面中心)

❹スタディサプリTOEIC®L&R TEST対策コース

の4方向考えられます。

スタディサプリは、オンラン教材であり、講座であるので、❷と❸のハイブリッドと言ったところです。

結論から言うと、僕は今回❶参考書と❹スタサプでTOEICに臨むことにします。

教材選定において、ミニマルに満点を目指すことと、過去問を解いた結果をまとめて、

  • 教材費を抑える
  • 量より質で問題を解く
  • 模試中心に教材を組む

という3つの基準で教材を選びました。

※ここで言う“質”とは、TOEICの点数を上げるためだけに、質のいい問題のことです。TOEIC試験だけでは本質的な英語力は身につかないので、英語学習には本来“量”が重要です。

上の3つの基準で言うと❷オンライン教材❸TOEIC講座は良くなかったので、簡単に理由を。

TOEIC講座

予算が潤沢にあれば、一番効率的なのはTOEIC講座です。

予算が潤沢にあればですが。

探してみましたが、最低10〜20万はかかりそうでした。

しかも、この外出不可の状況下で対面の授業は難しく6/28の試験を目指すなら非現実的。

また、狙うスコアが600、730、860ならいいものの、満点だとすると教えられる教室が少ないように思いました。

エッセンスという教室などであれば、効率よく満点目指せそうでした。

オンライン教材

模試中心の教材を探していたので「オンラインTOEIC®模試 e-test」というサブスクオンライン教材を見つけました。

月2,000円程度で、模試形式の問題がたくさん解ける。

“質”とは言いましたが、もちろん“量”も大事なわけです。

しかし、サンプルを解いて1問目ですでに、ちょっと違うとなりました。

Part1のサンプルで、ABCDの文章が“前置詞違い”という選択肢で出てきました。

そんな出し方は過去問からして出てきません。

できる限り公式に近いものを解き慣れておきたいので、こちらは断念。

(度々恐縮ですが、単純な英語の問題としてダメという意味ではありません)

ほかの教材や無料のものを見ましたが、無料のは特にひどかったですね。

模試中心に今回自分が選んだ教材

結果、教材費と質の関係で下の二つを選びました。

❶参考書(Kindle版あるもの)

❹スタディサプリTOEIC®L&R TEST対策コース

参考書も解いてみないと質はわかりませんが、年々公式と同じ形式に近づいている噂があり、口コミを読めるので、そこから判断。

スタサプは、1週間無料体験できます。

参考書(Kindle版あるもの)

なぜKindle版(電子版)あるものかと言うと目標にミニマルを掲げているからです。

教材費や時間だけでなく、“もの”としてミニマルにしたいので物質的な本は避けたいのです。

(一応ミニマリズムを追求するブログなので笑)

その上で、模試中心に構成された参考書を探しました。

  • TOEIC(R)テスト新形式精選模試 リーディング2
  • TOEIC(R)テスト新形式精選模試 リスニング2
  • TOEIC(R) L&Rテスト 究極の模試600問+
  • TOEIC(R) L&Rテスト 「直前」模試3回分
  • TOEIC(R) L&Rテスト 直前の技術
  • TOEIC(R) L&Rテスト Part 7を全部読んでスコアを稼ぐ本
  • TOEIC L&Rテスト990点攻略 改訂版 新形式問題対応

(以下2つは、2020/4現在アマゾンプライム無料)

  • はじめて受けるTOEIC(R)L&Rテスト全パート完全攻略
  • TOEIC(R) L&Rテスト Part 3&4 鬼の変速リスニング1 TTT速習シリーズ

それぞれ見ていきます。

パターンを掴むには、できる限り問題数を解くことが1つ。

そして、時間感覚を養うために100問続きで解くことが1つです。

問題傾向が新形式のものに対応しているかはチェック(新しければ新しいほどよい)。

created by Rinker
¥3,300
(2020/09/20 11:13:16時点 Amazon調べ-詳細)

上のリストに入れてないですが、公式はマストです。

本番と全く同じ問題傾向で出題されている訳ですから。

本来であれば公式問題集1~6買えば良いのですが、

  • コスパ悪い(高い)
  • Kindle版がない(場所を取る)

という理由で、今回は他の参考書を選びます。(6は購入しました)

created by Rinker
¥2,090
(2020/09/20 18:46:45時点 Amazon調べ-詳細)

  • 問題数:R500問
  • 価格(Kindle, 電子版):1,881円(2020/4現在)
  • 口コミ:TOEICに忠実なものの、TOEICより難しくつくられている。

本番より難しいので、860〜満点を目指すならGOOD

ただし600〜730あたりがターゲットの人は、正直英語基礎力が足りていないので、本番より難しい問題は向かない。(わからないまま、進むとよくない)

  • 問題数:L500問
  • 価格(Kindle, 電子版):1,881円(2020/4現在)
  • 口コミ:同上

上の本のリスニング版。

RとL合わせて1,000問(試験5回ぶん)。

公式よりは、1問あたりは安い。

created by Rinker
¥3,300
(2020/09/20 18:46:46時点 Amazon調べ-詳細)

  • 問題数:L300問、R300問
  • 価格(Kindle, 電子版):2,524円(2020/4現在)
  • 口コミ:本番に近い質の高い問題。解説が丁寧。

2020/3発売なので、最新の問題傾向に対応していると期待。

解説が丁寧なので上級者だけでなく、初心者〜向きだと思われる。

created by Rinker
¥1,029
(2020/09/20 18:46:47時点 Amazon調べ-詳細)

  • 問題数:L300問、R300問
  • 価格(Kindle, 電子版):2,057円(2020/4現在)
  • 口コミ:模試形式だが、技術も学べる。(多分、問題パターンをつかめるという意味)

「直前の技術」ロバートヒルキが絡んでいる?一冊。

上の本と同じ問題数で、さらに安い。

ただし、問題が古いという口コミあり(その口コミ、かなり主観ぽく怪しいのですが)

created by Rinker
¥1,634
(2020/09/20 18:46:48時点 Amazon調べ-詳細)

  • 問題数:テクニックより。模試形式でない
  • 価格(Kindle, 電子版):1,634円(2020/4現在)
  • 口コミ:TOEICの得点を上げるための技術に特化。

TOEICのための本なので、本質的な英語力を伸ばしたい人には向かない模様。

今回のぼくの目的にはぴったり。

英語勉強会では有名なATSUさんも推していました。

  • 問題数:Part7特化型。模試形式でない
  • 価格(Kindle, 電子版):1,683円(2020/4現在)
  • 口コミ:新発売のため口コミなし

僕のリーディングの時間が足りなくなるのは、速読力より解き方の問題だと思います。

だからこそ、一番特化すべきはPart7。

一冊取り組むべきか、迷いどころ。

  • 問題数:模試形式はL100問、R100問。その他問題も。
  • 価格(Kindle, 電子版):2,089円(2020/4現在)
  • 口コミ:高得点者が実際に使っている

著者がTOEICマニア(何度も満点を取っている)。

題名の通り、数少ない満点を狙う人のための本。

 

良さそうな教材は以上。

スタサプと合わせて、どれを使うか検討します。

ほか、アマゾンプライム無料の教材は、仮に教材が足りなくなれば取り組みます。

スタディサプリTOEIC®L&R TEST対策コース

TOEICテスト対策コースには

  • スタンダードコース
  • パーソナルコーチプラン

の2種類あります。

スタンダードは月額制サブスクサービス(まとめ割あり)。

パーソナルコーチは3ヶ月or半年コース。

最初不安になったのですが、よく見ると相当に良い教材だとわかりました。

パーソナルコーチプラン

スタディサプリENGLISH パーソナルコーチプランはマンツーでチャット型質問できたり勉強計画を立ててもらえるもの。

上に書いた通り、人から教わる講座は一番効率的に点が伸びます

実際に僕はTOEICと同じETSという団体がつくっているTOEFL iBTの講座に通っていました。

テクニックや問題傾向わかり、そこで教わった後が一番TOEFLの点数が伸びました

だから、このプランもかなり魅力的なんですが…。

なんですが、3ヶ月68,000円+税。

(スタンダードなら、月2,980円+税)

教材費ミニマルとは言ったけど、質が悪いものボロボロ解いても仕方ないし…。

対面よりは、かなり安いし…。

よし、体験だけしてみよう!

と思いフォームを記入していると

おや?

860点以上は、 お申し込みできません…。

…。でも、今のスコアは850とかだろうし、850で入れてみようかな…うーん。

と迷ったのですが、値段が張る上に“満点を目指す人向けでなさそう”なのでやめました。

反対に、ターゲットが600、730、860の人はかなり良いプランだと思います。

かわりにスタンダードを見ることに。

スタンダード

もともと“模試20回分”という触れ込みがあり、模試の量に期待していました。

(もう、公式問題集とスタサプだけでいいよね位の期待感)

しかし無料登録して、中身を見てみると、120分ぶっ続けで解ける模試になっていませんでした。

(別売のテキストを買えば多分できますが、模試1回ぶんで1,200円。しかも紙の本)

リスニングはまだしも、リーディングは時間感覚を養うのが絶対重要

しかも、パーソナルコーチプランと同じで満点目指す向きでもなさそうだし。

これは結局、参考書一択か…と思いました。

ですが、ほかの教材を見ていると

「あれ、これは…かなりいいぞ!?」

と気づきました。

具体的には

  • パーフェクト講義
  • TEPPAN英単語

が、かなり良い。

パーフェクト講義

特にパーフェクト講義は、すごく良い。

各Partの取り組み方や、効率よく解くためのテクニックの説明がある。

しかも、実際に出題される問題傾向をおそらく全て網羅。

(TOEFL iBTの講座でも先生が大切にしていたのは、問題のパターンを体でつかむこと。試験の勉強というヤツです)

これを一通り覚えてから模試に進んだら、かなり効率的じゃね?

オンライン授業で話していることも、僕としてはかなり納得の内容。

満点目指すにせよ、普通に役立つものばかりです。

英単語

英単語もやる必要ないと思ってたけど、レベル分けしていてくれて

  • 目標860点
  • 目標990点

まであります。

僕は、過去問の語彙もほぼ間違えていませんでした。

しかし、ここで解くと860の方で6割わかるくらい。

990なんて知らない単語の方が多いです。

であれば、860の方を完璧にするくらいで大丈夫そう。

むしろ、かなり高いレベルの語彙まで学べる笑

これは、模試・公式過去問の補助教材的に使ったら、めちゃめちゃ良いぞ!!

逆に、何でパーソナルプラン860点以上の受講、受け付けてないんでしょうか?

人材不足??

パーソナルコーチプランは高いので、余裕ある人はですが、スタンダードTOEICテスト対策でも俄然オススメです。

レベル別に分かれているから、本当にオールターゲットです。

最終的に選んだ教材のセット

それでは、最終的な組み合わせこちら。

  • 公式問題集6 – 3,330円
  • TOEIC(R)テスト新形式精選模試 リーディング2 – 1,881円
  • TOEIC(R)テスト新形式精選模試 リスニング2 – 1,881円
  • TOEIC(R) L&Rテスト 究極の模試600問+ – 2,524円
  • スタサプTOEIC®L&R TEST対策コース(1ヶ月) – 3,278円

+ α(余力あれば)

  • TOEIC(R) L&Rテスト Part 7を全部読んでスコアを稼ぐ本 – 1,683円
  • TOEIC L&Rテスト990点攻略 改訂版 新形式問題対応 – 2,089円

TOEIC受験料(6,490円)を合わせまして、

16,054円

で基本、全て完結する予定です。

選んだ理由

スタサプかなり良かったわけですが、模試練習のために参考書も必要です。

そのため、参考書は模試系を

公式も合わせて、2,000問分(L1,000、R1,000)あります。

それ以外のテクニック面などは、スタサプで

スタサブはサブスクで月額制(2,980円+税)なのでなるべく短くしたい。

無料期間の1週間ですが、量的にはさらに1ヶ月が妥当かと。

今4/28です。

最初の1ヶ月で、スタサプのパターン学習やコツを得つつ、模試演習でさらにアウトプット。

次の1ヶ月で、模試&公式の演習で固めていく。

ちょうど2ヶ月で6/28の試験です。

(コロナ次第ではありますが)

そこで結果が出ないと次は9/13になるので、なるべく6月で終えたい…。

ざっくりスケジュールなので、あとで細かく組みます。

これで、教材を選定できましたので次回(第4回)は満点ホルダーたちの勉強法を探ります。

お読みいただきありがとうございます。

ミニマルにTOEIC満点を目指す日記!の一覧はこちら>>>

↓ブログランキング、クリックで応援いただけますと、たいへん励みになります!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA